2016/05/05

どっちかな Which is it?

2016.5.5


このゼラニウム、いやペラルゴニウムはうまく育たない。これは枝を切った後の姿だが、これで判るように枝がばかみたいに伸びて葉っぱが少なく、健康的には見えない。
名前はペラルゴニウム・シドイデスというらしい。ゼラニウムで検索していても仲々出てこなかった。今日、ゼラニウム、小葉、紫で画像検索してやっとひっかかった。ペラルゴで見ればもっと速道だったかもしれない。

This geranium, I mean pelargonium, does not grow well. This is the appearance after cutting branches, but as it shows the branches grow nonsensely long with less leaves, and do not look healthy.
The name is Pelargonium sidoides, it seems. It took long to find out because I googled by the words of geranium. Today, I tried geranium, small leaves, violet, and found at last. If I knew it is pelargonium and searched with it, it would have been easier.

検索した理由は名前を知るだけでなく何かいい育成方法を探すことだった。しかし、見つかったサイトは皆これが簡単な植物だという。
結局特別なことは何も見つからなかったので挿し木をすることにした。

The reason I googled is to find tips to grow this plant besides to find  name. However, the sites that tells about the plant all says it is an easy plant.
As I found nothing special I can do after all, I decided to pant cuttings.


何がペラルゴで何がゼラかよく覚えていなかったので、この機会に調べてみた。
Wikipediaによると、
普通、園芸植物として栽培されるものはゼラニウムと総称されるが、紛らわしいことに、ゼラニウムとは同じ科のゲンノショウコなどが含まれるフウロソウ属 (Geranium) のことでもある。この2つの属に属する植物は元は Geranium 属にまとめられていたが、1789年に多肉質の Pelargonium 属を分離した。園芸植物として栽培されていたテンジクアオイ類はこのときに Pelargonium 属に入ったのであるが、古くから Geranium (ゼラニウム、ゲラニウム)の名で親しまれてきたために、園芸名としてはゼラニウムの呼び名が残ったのである。園芸店などでも、本属植物の一部をラテン名で ペラルゴニウム (Pelargonium) で呼び、その一方で本属植物の一部を「ゼラニウム」と呼んでいることがあり、これらは全然別の植物のような印象を与えていることがある。ペラルゴニウムとゼラニウムを意識的に区別している場合は、ペラルゴニウム属のうち一季咲きのものをペラルゴニウム、四季咲きのものをゼラニウムとしているようである。

As I don't remember what is pelargonium and what is geranium, I googled this too by this occasion.
According to Wikipedia,
Pelargonium /ˌpɛlɑːrˈɡoʊniəm/[3] is a genus of flowering plants which includes about 200 species of perennials, succulents, and shrubs, commonly known as geraniums (in the United States also storksbills). Confusingly, Geranium is the botanical name (and also common name) of a separate genus of related plants often called cranesbills. Both genera belong to the family Geraniaceae. Linnaeus originally included all the species in one genus, Geranium, and they were later separated into two genera by Charles L’Héritier in 1789. Pelargonium species are evergreen perennials indigenous to temperate and tropical regions of the world, with many species in southern Africa. They are drought and heat tolerant, but can tolerate only minor frosts. Some species are extremely popular garden plants, grown as bedding plants in temperate regions.