2016/05/21

自分勝手なもの selfish

2016.5.21

俺は「園芸が好きだ」、「植物が好きだ」、「花が好きだ」等とよく言う。しかし、園芸というものは非常に自分勝手なものだ、と時々思う。俺たちは好きな所に植物を植え、好きな形にするために枝を剪定し、そして増やしてしもう、植物が好むか好まざるかによらずだ。
I often say "l love gardening.", "I love plants.", or "I love flowers." However, gardening is my very selfish activities , I sometimes feel. We plant plants where we wish, prune branches to shape them as we want, or propagate  regardless of whether the plants like it or not.

私の水槽、それは部分的には小さな庭なのだが、私の自分勝手の典型的な産物だ。植物は太陽すら見ることの出来ない小さなタンクに閉じ込められる。俺はしょっちゅう水草を移動する。水草の根っこがちぎれようがかまわず引っこ抜き、新しい場所に植えるのだ。或いは茎の真ん中でぶった切ったりする、ただ見てくれを変えたいためにだ。

My aquarium tank, that is partially a small garden, is a typical product of my selfishness. Plants are contained in a small tank where they would not view any sunshine. Many times I relocate plants. I plant them to the new locations after pulling off the plants ignoring severing their roots or even cutting in the middle of the stems just for changing the scenery.

そして、一番自分勝手だと感じるのは、俺は水中にある植物を水上で育てたり、その逆をする時だ。そういうことは自然界でも起きる。或る植物は雨季には水没し乾季には水上に現れるといった場所に生育しているからだ。しかし、その間に植物が感じるストレスを思うと同情してしまうのだ。

The most I feel selfish when I force plants growing submerged in the water to grow in the air which is called to have emerged leaves, and vice versa. It occurs in the natural environment as some plants are growing in the area that is submerged in rainy seasons and emerged in dry seasons. However, I sympathize with the plants considering the stress they have to bear.

この利己主義活動の中で、水中から水上に出すのはうまくいったことがある。1つはミクロソリウムで、もう1つはクリプトコリネだ。ラッフルソードはまだ水上化するのを待っている所だ。
I was successful in this selfish activities by having some plants from submerged to emerged. One is microsorium, another example is cryptocoryne. And, still waiting ruffle sword to be emerged.

普通水中状態でよく見られるミクロソリウム。
Micosorium mostly seen in submerged condition.

水上葉で育っているクリプトコリネ。
Cryptocoryne growing emerged.

ラッフル・ソードが水上化するのを待っている。
Ruffle sward I am waiting to be emerged.

今日、俺はその逆をやってみた。庭に生えていたドクダミとハンゲショウを切ってきた。どちらも日本の湿り気のある土地ではよく見られるが、普通は水中ではない。そして、水中に植えてみた、ただ単に水槽の景色を少し変えてみたかったからだ。今、そいつらは殆ど窒息死かけながら新しい環境に適応しようとしている。そして俺はそれを見てワクワクしているのだ。

Today I did the opposite. I cut some of chameleon plants and lizard's tails growing in the garden; both of them are common on wet ground of Japan not under the water usually; and planted to have them submerged as I just wanted some change in the tank. Now, they are almost choked while they try being acclimated to the new environment, and I am looking at them feeling thrilled.

ハンゲショウ
Lizard's tail

もう一つのハンゲショウ。左にある白い花はラッフルソードの花。葉が全て水中にあるときも空中で咲く。
Another lizard's tail. The white flower at the left is of the ruffle sword that blooms in the air even when all the remaining part is under water.

ドクダミ
Chameleon plants
俺は、慈悲深くも、株の一部を空中に残していることに気がついたかもしれないね。

You may have noticed that I am merciful enough to keep some parts of them in the air.